お知らせ

トップ > お知らせ > 浮気の常習犯の特徴とは?浮気が発覚したときの対処法をご紹介!

浮気の常習犯の特徴とは?浮気が発覚したときの対処法をご紹介!


皆さんに質問なのですが、浮気の常習犯の特徴をご存じですか。

浮気しやすい人の特徴を知っていれば、パートナーに怪しい動きがあったときに速やかに対応ができるかもしれません。

今回は男女それぞれの浮気しやすい人の特徴と、パートナーが浮気常習犯である場合の対処法をご紹介します。

 

□浮気しやすい人の特徴とは

浮気常習犯にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは男性、女性それぞれの浮気常習犯の特徴を解説します。

浮気を頻繁にする男性の場合は嘘をつくのが非常にうまく、ほかの女性を匂わせることはほとんどありません。

そのため、パートナーがいつも同性の友人と遊んでいる場合でも安心はできません。

また、1人の女性と度々会うようなことは少なく、複数の女性と一度限りの関係で終わることもあるでしょう。

複数の女性と浮気をしていることもあり、浮気の実態をつかみにくいのが特徴と言えます。

女性の場合は、自分の意志が弱く相手に流されやすい方が多いと言えます。

また、自己肯定感が低く、パートナーから愛されているという確信をなかなか持てないために不安を感じ、そうした不安を払いのけるためにさらなる愛情を求めて浮気をしてしまう方が多いようです。

                       

□パートナーが浮気常習犯である場合の対処法とは

それでは、パートナーが浮気常習犯である場合にはどのように対処すればよいのでしょうか。

ここでは3つの方法をご紹介します。

まず1つ目は、両親に助けてもらうことです。

両親に相談し、話し合いに参加してもらってパートナーに対して警告を与えてもらうのが良いかもしれません。

浮気の理由、今後の夫婦生活について両親からパートナーを問い詰めてもらい、反省するように言い聞かせましょう。

2つ目は、誓約書を書かせることです。

今後浮気はしないこと、もし浮気をした場合は慰謝料を支払うことなどが記載された誓約書を交わすのもひとつの方法です。

こうした誓約書は、パートナーに対して浮気をしないことへの大きな拘束力を持つでしょう。

弁護士に相談をして法的な効力を持つ誓約書を作ることがここでのポイントです。

3つ目は、別れを切り出すことです。

浮気がばれたときには、常習犯といえども反省の色を見せるでしょう。

しかし、よく浮気する人は、浮気が発覚しても許してもらえるとはじめから信じている可能性もあります。

思い切って別れを切り出すことが、パートナーに更生をしてもらう重要なチャンスになるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、浮気常習犯の特徴と、パートナーが浮気常習犯だった場合の対処法をご紹介しました。

常習犯の特徴にパートナーが当てはまるという方は、浮気にありがちな言い訳や行動がないかチェックしてみると良いかもしれません。

浮気、不倫に関して相談がある方や、証拠を集めたいという方はぜひ一度当社へご相談ください。

                     

お知らせ

静岡市にある浮気調査専門すずらん探偵事務所へのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-29-4815
フリーダイヤル 0120-29-4815
受付時間 9:00〜21:00 365日対応
トップに戻る