お知らせ

トップ > お知らせ > 夫の浮気が疑われるLINEを発見した場合の対処法について解説!

夫の浮気が疑われるLINEを発見した場合の対処法について解説!


夫の不倫LINEを発見したけれど、どうすればよいか分からないという方はいらっしゃいませんか。

不倫LINEを見つけた時は一度冷静になり、次にどんな行動をすべきでどんな行動はしてはいけないのかを考えることが大切です。

今回は不倫LINEを発見した際にやるべきことと、避けるべきことをご紹介します。

 

□不倫や浮気のLINEを発見した際の対処法とは?

夫の不倫を発見したときは、その次にどのような行動をとればいいのでしょうか。

ここでは怪しいLINEを発見したときの対処法をいくつかご紹介します。

まずは、そのLINEを証拠として利用するために保存するようにしましょう。

浮気や不倫の事実を証拠として示すことことで、内容証明郵便や裁判で相手に対して正式に慰謝料を請求できます。

保存方法としてはスクリーンショットやトーク履歴の送信、写真を撮るといった方法があります。

写真を撮る際はデジタル加工を施さないように注意をしましょう。

怪しいLINEを発見した場合は、LINE以外で不倫や浮気の証拠となるものを探しておくことが大切です。

実は、LINEだけでは不倫や浮気の証拠として十分ではない場合があるのです。

写真や映像、音声などの他の証拠と組み合わせることでより強い力を発揮するため、怪しいLINEを発見した方は他の証拠を探してみるのが良いかもしれません。

 

□不倫や浮気のLINEを発見したときに注意すべきことは?

夫の不倫LINEを発見すると悲しみや怒りを感じるかもしれません。

しかし、感情的な行動をとると証拠がつかみづらくなり、事態を悪化させてしてしまうこともあるため、冷静な行動を心がけましょう。

ここでは不倫や浮気のLINEを発見したときにやってはいけない行動をご紹介します。

まず1つ目は、プライバシーの侵害です。

他人のLINEをのぞき見る行為はプライバシーの侵害として損害賠償請求の対象となる可能性もあります。

また、そのデータをコピーした場合は他人宛の信書を勝手に開封した場合と同程度の犯罪になるという見方もあります。

のぞき見は証拠として認められない可能性があるのみならず、逆に自分が不利になる可能性もあるため、注意をしましょう。

2つ目は、暴行や脅迫です。

暴行や脅迫によって夫のスマホを奪い取った場合、それによって得た証拠は認められない可能性があります。

また、暴行罪や脅迫罪等の罪に逆に自分が問われる可能性もあるため、暴力行為は避けるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は不倫LINEを発見したときの対処法をご紹介しました。

証拠をつかめず不利な立場に追い込まれるのを防ぐためにも、一度冷静に考えるようにしましょう。

不倫の疑いがある場合は、自分だけで考え込まずにぜひ一度ご相談ください。

当社が全力で皆様をサポートいたします。

お知らせ

静岡市にある浮気調査専門すずらん探偵事務所へのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-29-4815
フリーダイヤル 0120-29-4815
受付時間 9:00〜21:00 365日対応
トップに戻る