お知らせ
トップ > お知らせ > 浮気の証拠写真の撮影方法や注意点とは?【静岡県の探偵事務所が徹底解説】

浮気の証拠写真の撮影方法や注意点とは?【静岡県の探偵事務所が徹底解説】

「パートナーが浮気をしているかもしれない」と悩みがあったり、不安を感じたりするなら、浮気の証拠を集め出すべきタイミングかもしれません。

浮気の証拠を集めていくことで、パートナーに言い逃れされる心配も無くなりますし、思い違いであれば悩みや不安は解消されます。

浮気の証拠には写真や動画が有効になります。特に写真は代表的な浮気の証拠として活用されています。しかし一定の基準が設けられており、ただ2人が一緒にいる現場を写せば良いわけではありません。

また浮気の重要な証拠と認められるような写真を撮影するには、高度な技術も求められます。今回は浮気の証拠写真の撮影方法や、注意点について紹介していきます。

パートナーの浮気の証拠を掴みたいと考えているなら、ぜひ参考にしてください。

         

1.浮気の証拠として認められるものとは?

浮気の証拠として認められるものは以下の通りです。

1. 性交渉中の動画・写真
2. 肉体関係があることを確認できる動画や写真(ラブホテルの出入りなど)
3. 肉体関係があることを推測できるメールやメッセージ
4. 浮気相手の妊娠や堕胎が証明できるもの
5. 配偶者との間では使用していない避妊具・道具など
6. ラブホテルの領収書

※5と6の証拠に関しては「誰と」浮気をしているのか、を突き止められるような追加の証拠が必要です

興信所や探偵事務所に依頼を行うことで「調査報告書」を作成してもらえます。正確な事実関係やデータが記されていることから、非常に重要な浮気の証拠だと判断されます。

残念ながら「パートナーが異性と一緒に食事している姿を目撃した」、「パートナーの衣類に口紅がついていた」といった事例では、決定的な浮気の証拠としては認められません。

裁判でも通用する強力な証拠を見つけるためにも、浮気の証拠として認められるものを理解しておきましょう。事前に知識を身に付けておくことは大きなメリットとなり、今後の流れを有利に進めることができます。

          

〇浮気の証拠として認められる写真の基準

浮気の証拠として、写真は非常に有効です。しかし証拠として認められるためには一定の基準が設けられています。

その基準とは「不貞行為の有無が確認できる」かどうかです。民法にて「配偶者以外の相手と肉体関係を持つこと」と明記されています。

浮気の証拠として認められる写真の基準は以下の通りです。

 ラブホテルに出入りする写真
 浮気相手の自宅やホテルなどで、二人が一夜を共に過ごしたことが分かる写真
 浮気相手の自宅に何度も出入りしている写真

必ずしも性行為中の写真ではないと証拠として認められるわけではありません。浮気相手との間に肉体関係を推測できる写真も、浮気の証拠に該当します。

一方で浮気を疑ってしまうけれども、証拠としては認められない可能性がある写真も存在します。

 二人がシティホテルに入る瞬間の写真
→それぞれが別の部屋に宿泊したという可能性を否定できない
 一緒に食事をしている写真
→不貞行為があったとは断言できない
 加工された写真
→データの改ざんと判断されてしまうため、証拠にはならない

ただし、これらの写真が全く意味を為さないというわけではありません。決定的な浮気の証拠となる写真だけでなく、浮気の期間や頻度を裏付ける意味でも重要なものとなります。

         

2.浮気の証拠写真を正確に撮影する方法

浮気の証拠写真は鮮明さが求められるだけでなく、浮気相手にもバレないように撮影するなどの配慮が求められます。そのため特別なテクニックが必要です。

今回紹介するポイントを押さえておけば、自分で撮影することも不可能ではありません。

ただし自分では難しいと感じた場合には、探偵事務所の活用も検討してみましょう。専門的な技術を駆使しながら、リスクを抑えて調査を行ってくれます。

(1)浮気のタイミングを把握しておく

配偶者の行動パターンやタイミングを把握することで、実際の現場を押さえられる可能性が高くなります。自宅から職場、仕事中の外回り、仕事後の飲み会など、相手の全ての行動を把握するのは非常に困難です。

普段から配偶者のスケジュールを把握しておけば、いつホテルに出入りするかのタイミングを絞り込みやすくなるので、浮気を疑っていることがバレてしまうリスクを減らすことができます。

(2)尾行と張り込みを行う

浮気のタイミングや場所を絞りこんだ後は、尾行や張り込みの計画を立てます。

普段と同じ服装だと遠目からでもバレてしまうかもしれないので、雰囲気の異なる服装で配偶者と十分な距離を保つようにしましょう。

また配偶者が利用しそうな移動手段やルートを事前に把握することで、身を隠せそうな場所や死角になりそうなスポットを探しておきましょう。一定の距離まで接近できた場合に備えて、ボイスレコーダーなどで録音の準備を行っておくことも有効です。

特にラブホテルの出入りを撮影するときには、二人の顔が撮影できるようなスポットを探す必要があります。
H3:浮気現場の周辺も撮影しておく
浮気の証拠写真を撮影するときは、撮影した場所や時間を明らかにするために、周辺の景色やホテル名なども撮影するようにしましょう。

時刻を映し出している大型モニターなども映すことができれば、浮気が行われた時間も証拠として認められることになります。

        

3.浮気の証拠写真を撮影する時の注意点

浮気の証拠写真を撮影するときの注意点は以下の通りです。

 入念に写真撮影の準備を行う
 法的なリスクを負うことに注意する
 自分で写真を撮影するのは危険が伴う

それぞれ解説していきます。

(1)入念に写真撮影の準備を行う

浮気調査は長期戦を強いられることも多く、入念に写真撮影のための準備を行っておかなければなりません。

張り込みの際には時間がかかることが多いため、水分や食料を予め用意しておくようにしましょう。夏の暑い時期だと熱中症の危険が生じるため、十分に水分を摂れるような状態にしておくことが大切です。

(2)法的なリスクを負うことに注意する

たとえ浮気相手であっても相手の土地に侵入したり、関係者以外が映り込んでしまったりすると、住居侵入罪や名誉毀損で訴えられるリスクがあります。

また浮気調査をしている事実が配偶者にバレてしまうと、浮気を隠蔽されてしまうだけではなく、夫婦関係の修復も困難になるでしょう。離婚を考えている場合は、自分に有利な流れで離婚の手続きを進めることが難しくなります。

自分で浮気の証拠を撮影することは不可能ではないですが、知らず知らずのうちに犯罪行為を行ってしまうというリスクに注意しなければいけません。

(3)自分で写真を撮影するのは危険が伴う

自分で写真を撮影するのは体力や時間の成約に加えて、法的なリスクを回避する必要があるなど、一般人には難易度が高い作業といえます。実際に浮気現場を目撃したことによって、精神的にダメージを受けてしまう可能性も否めません。

友人や知人に相談して協力を依頼するという方法もありますが、浮気調査が配偶者にバレてしまった場合、自ら人間関係の崩壊を招いてしまうという結末も考えられます。

探偵事務所に依頼をすれば、浮気調査の事実がバレることなく、より確実に浮気の証拠写真を入手することが可能です。

        

4.浮気の証拠を集める方法

浮気の証拠を集める方法は様々ですが、ここでは証拠を入手しやすい代表例をご紹介します。

(1)スマホを調べる

スマホには個人情報がたくさん詰まっており、多くの浮気の証拠が隠されているものです。具体例としては、浮気相手とのメッセージや写真、動画などが挙げられます。

パートナーのスマホから浮気の証拠やデータを見つけたら、自分のスマホやカメラでその画面を撮影や録音するようにしましょう。スマホのGPS機能を活用して、パートナーの行動を追跡するのも効果的です。

ただしスマホを勝手に覗き見する行為は、プライバシーの侵害に該当する可能性も考えられます。リスクが大きい行動であると認識しておきましょう。

(2)クレジットカードの利用明細やレシートを調べる

クレジットカードの利用明細やレシートは「パートナーがどこで何をしていたのか」を判断する材料になります。ラブホテルを利用した履歴を発見できれば、浮気している事実を明らかになるでしょう。

また浮気している頻度や、浮気に使われることが多いエリアや時間帯も絞り込むことができます。期間ごとに絞って確認してみることで、行動パターンなどを更に判断しやすくなるかもしれません。

(3)SuicaやPASMOなどの利用履歴を調べる

SuicaやPASMOは、駅に設置された券売機にて利用履歴を確認できます。パートナーが普段降りるはずがない駅を頻繁に利用している場合は、浮気相手の自宅などの可能性が考えられます。

クレジットカードの利用明細やレシートと合わせて確認することで、浮気に関する情報の精度を高めることができるメリットもあります。
H3:住民票を調べる
もしパートナーと同居していない場合には、住民票を調べることで、浮気相手とパートナーが同棲しているかの判断材料となります。

同棲は不貞行為として認められやすい事実となりますが、二人が同棲している事実を明らかにする必要もあるので注意しましょう。

         

5.まとめ

浮気の証拠写真は、配偶者と浮気相手との間に不貞行為があるという事実を明確にする必要があります。そのため食事中などのデートの写真だけでは、決定的な浮気の証拠として認められません。

また浮気の証拠写真を自分で撮影することは不可能ではないですが、配偶者に見つかってしまたり、法律に抵触してしまったりするリスクが伴います。自らが不利な立場に追い込まれることも覚悟しなければなりません。

浮気調査のプロである探偵事務所に浮気の証拠写真の調査を依頼すれば、安全かつ確実に証拠を手に入れることができます。悩みや不安などがあっても、親身に相談に乗ってくれることでしょう。

静岡県の探偵事務所「すずらん探偵事務所」では、浮気調査や慰謝料請求のための証拠入手に関するご相談を承っております。静岡県などでお悩みの方は、「すずらん探偵事務所」にご相談ください。

確かな浮気の証拠があれば、自分の思い描く新しい未来に進みやすくなります。

        

お知らせ

静岡県静岡市にある探偵事務所 すずらん探偵事務所(浮気調査専門)
静岡県静岡市葵区籠上8-40

受付時間 9:00〜21:00(365日対応)

静岡県静岡市にある浮気調査専門すずらん探偵事務所へのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-29-4815
フリーダイヤル 0120-29-4815
受付時間 9:00〜21:00 365日対応
お気軽にお問合わせください
トップに戻る